肌荒れの原因について

Posted 7月 2nd, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れの原因としてまず挙げられるのは、食生活の乱れです。

 

人間の体は栄養を自分で作り出す事ができないため、食べ物から得なければなりません。しかし、ダイエットや病気などで十分な栄養を体へ補給できないと、肌へも行きわたらず肌荒れを起こしてしまいます。5大栄養素と呼ばれる「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン類」「ミネラル」をバランスよく摂取する事が大切です。

 

また食生活の乱れ以外にも、乾燥による肌荒れがあります。乾燥による肌荒れは、単に肌の水分が不足しているだけではなく、油分も足りていない場合があります。油分というとニキビ肌や脂っぽくなってしまうイメージですが、もともと肌の表面は皮脂と呼ばれる油分で覆われています。

この皮脂は肌の乾燥を防ぎ、外部刺激やバイ菌から肌を守ってくれるバリアのような役目をしており、適度な油分を保つことは肌にとって必要なのです。ところが、過度な洗顔などで肌の皮脂を洗い流してしまうと、失われた油分を補う機能が働き、過度に油分を分泌してしまい、かえって脂っぽくなってしまう事があります。肌荒れにはプラセンタがオススメです。→プラセンタ 馬

 

乾燥による肌荒れの対策は、肌の水分と油分のバランスをうまくとる事が大切です。この他にも、アトピーやアレルギーによる肌荒れや、ホルモンバランスの崩れ、内臓系の病気によっても肌荒れは起こります。原因を明らかにしてから肌荒れの対処法を選択しなければ悪化させてしまう事もあるため、注意が必要です。

肌荒れを防ぐ方法

Posted 6月 23rd, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れは女性の天敵です。

 

肌が乾燥しカサカサする、ニキビができるといった様々な肌トラブルがあります。肌荒れの対処法として、食習慣の改善・サプリメント・化粧品などがあります。食事は人にとって大切なことです。しかし現代では、「スナック菓子やインスタント食品が毎日の食事」という声もあります。スナック菓子やインスタント食品には脂肪分が多く、肌荒れの原因になります。

毎日、栄養バランスの良い食事をする事は困難ですが、例えばハンバーガーを食べる際に、サイドメニューでサラダを注文するなど、そのような心掛けが大切です。

 

次に、ビタミン剤などのサプリメントですが、サプリメントだけを摂取していれば良いというものではなく、あくまでも食事で摂取しきれない、人体で生成できないといったビタミン類を補給する目的の補助食品です。最後に毎日使用している化粧品です。今は各化粧品メーカーより、肌に良いとされる成分「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などが高純度で配合されている化粧品があります。

中には、基礎となる水にまでこだわり、天然成分だけを使用した商品があります。ただし、その分コストが掛かり高額になるうえ、天然成分と言っても、人によってはアレルギーを起こす場合があります。また、価格の安価な肌荒れ用の化粧品では、天然成分の代わりに化学物質を使用したものも出回っています。

 

どちらにせよ、購入時にしっかりと下調べをし、肌荒れを悪化させないようにしたいものです。
参考:髪型自由な仕事

肌荒れの対策術

Posted 6月 11th, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れを代表するものに「乾燥肌」があります。

 

乾燥肌には保湿剤が有効ですが、種類が沢山あるため、購入する際は肌荒れの状態にあった選択をする必要があります。

身近な薬局で購入できる保湿剤として、ワセリンやケラチナミン、セラミド成分配合のものなどがあります。特に、セラミドは肌細胞間脂質の40%以上を占める重要な成分であり、セラミドが不足すると肌の水分量の約80%が消失し乾燥肌となります。

 

肌が乾燥し、化粧のノリが悪いという声は多く聞きます。その際には、保湿パックを使い、角質層の奥まで潤いを与えることが即効ケアとして効果があります。

 

また、もう一つの肌トラブルとして「敏感肌」があります。敏感肌は角質層のバリア機能が低下し、外部からの刺激に対し、過剰にアレルギー反応を示すことを言います。敏感肌が重篤化したものにアトピー性皮膚炎があり、その原因として、遺伝的要因、栄養的要因、環境的要因などが挙げられます。症状は、皮膚が乾燥し特徴的な皮疹はかゆみを伴います。

 

近頃は、アトピー性皮膚炎や敏感肌のような皮膚の疾患を慢性的に持つ人が多く、対策として適温・適湿を心がける、皮膚に対する刺激を減らすなどのケアが重要です。さらには、日常的なケアとして、こまめに保湿効果のある化粧水を使用し、加湿器を併用することが効果的です。なお、濡れタオルを部屋にかけておくだけでも湿度が保たれるため、乾燥肌には効果的と言えます。

 

これらのことから、自分の肌荒れの原因を突き止め、正しい肌荒れの対処法をしっかり理解しておくことが大切です。

肌荒れと生活習慣

Posted 5月 30th, 2013 by pagu2buhi2

美容の天敵「肌荒れ」。お肌のトラブルとも言いますが、「吹き出物」「乾燥肌」「かぶれ」「しみ」など様々な症状のことを指します。

 

肌荒れに繋がる原因は大きく分けて二通りで、大半を占めるのは生活習慣や生活環境によるものです。生活習慣では、まず睡眠が大事だと言えます。人間の細胞の入れ替え、いわゆる新陳代謝が行われるときに、睡眠がとれているかどうかで随分違ってきます。

 

次に食生活です。バランスの摂れた食事が重要であり、特にビタミン・ミネラルをしっかり摂ることがポイントです。しかし、世間では喫煙者もまだまだ多く、喫煙することで体内のビタミンを破壊してしまうので、気をつけなければなりません。そして、無理なダイエットによる便秘なども新陳代謝を低下させ、全身に十分な栄養な行き届かなくなるため注意が必要です。

 

さて、他にも肌荒れの原因に化粧品やエステがあります。これらは値段・効力など、商品やコースにより異なります。星の数ほどある化粧品の中から、自分の肌に合う化粧品を探し出すことが重要です。肌に合わなければ、その化粧品の成分が高級でも、肌荒れの原因に直結してしまいます。もし、新しい化粧品を試してみて肌荒れがひどい場合は、すぐに医師のもとで診察してもらいましょう。

 

次にエステですが、店舗の評判を調べたり、また使用しているクリームやその成分などを直接問い合わせてみるのも良いでしょう。このように、肌荒れの対処法は様々ですが、やはり化粧品やエステなどよりも、普段からの生活習慣の見直しが最も重要だと言えます。

肌荒れは、年齢を問わず女性の悩みの種です。

 

外気にさらされ続ける肌は、気温や湿度の変化を受けやすく、季節に応じて肌の状態は変化します。皮膚細胞は、28日周期のターンオーバーにより健康な肌状態を維持しますが、体調やストレス、加齢などにより周期が乱れると肌荒れを引き起こします。

 

現代女性の多くは睡眠不足・便秘などに悩まされており、また、プライベートや仕事上のストレスを抱えています。それらを改善することが肌荒れを解消する早道ですが、なかなかできるものでもありません。しかし、心掛けることは大切です。まず、睡眠は1日6時間以上必要です。人間の肌の細胞分裂は22時から2時の間に活発になるため、この間の睡眠が理想的です。食生活ではビタミンを含む野菜や果実、良質のたんぱく質が含まれる大豆製品やナッツ類を摂ることが必要です。生活習慣・食習慣を見直すことにより、便秘も改善されます。

 

体質改善の次は肌ケアです。洗顔の際には肌を傷つけないように、たっぷりの泡で皮脂汚れやほこりを洗い落とし、よくすすぐことが重要です。その後、肌の状態にあった乳液やクリームで整えます。夏の外出時は、UVカットファンデーションで紫外線対策をし、乾燥する冬は、メイクの上からでも使える化粧水が効果的です。そのほか、ビタミンB2・B6やL-システイン配合のサプリメントで必要な成分を補うことも一つの方法です。

 

肌荒れの対処法を理解し、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。

肌荒れと内臓疾患

Posted 5月 8th, 2013 by pagu2buhi2

多くの女性の悩みである肌荒れとは、皮膚表面の角質層が乾燥することで、肌のキメが乱れて小さくささくれ立つ状態のことを言います。

 

原因として、加齢による皮膚のバイア機能の低下があります。また、不規則な食生活やダイエットによるアミノ酸やビタミン類の不足、皮膚の水分が減少しても肌荒れにつながります。さらに、もう一つの肌荒れの原因の多くは、内臓の状態が悪いからです。

したがって、肌と内臓には密接な関係があります。肌荒れが続き、スキンケアに注意しても一向に改善する気配がない場合は、内科を受診するようにします。万が一、内臓疾患がある場合、肌荒れが起こるという前触れでもあります。

 

内臓疾患の中でも、肌に大きな影響を与える臓器として肝臓があります。肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、肝臓疾患になった場合は、異変として肌荒れが引き起こされます。肝臓は体内の老廃物等の排出も行っているため、肌の調子に直結しています。

シミやくすみの他、髪のパサつき等も肝臓疾患が原因となることがあります。肝臓の血管には、「クッパー細胞」と呼ばれるマクロファージが存在します。クッパー細胞の免疫機能には、体内に侵入したウィルスや細菌を分解する働きがあります。肝臓機能が低下すると、体内のデトックスが滞り、肌荒れなどの症状が現れるのです。

 

寝不足や過剰なアルコール摂取は、肝臓を疲労させ肌荒れを招きます。すなわち、肌荒れの予防には日々の生活習慣に注意して、肝機能を高めることが大切です。

肌荒れと美肌

Posted 4月 30th, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れとは、ニキビや吹き出物、乾燥など皮膚の組織が崩れてしまう状態のことを言います。

 

肌荒れは、紫外線の当たりすぎや便秘などが原因であり、汗を放置していることも原因の一つとされています。

肌荒れのなかの乾燥肌は、たくさんの方が悩んでいる皮膚の疾患です。肌が乾燥してかゆみを引き起こすことが乾燥肌の症状です。

肌が乾燥すると、肌の角質層が均等ではなくなってしまうため、角質が剥がれやすくなります。角質層が剥がれると体のなかの知覚神経が刺激を受け、その刺激でかゆみを引き起こすと言われているのです。普通なら、肌に30%の水分があるのに対して、乾燥肌は30%以下になると言われています。

 

また、ニキビは若者の悩みです。ニキビができる理由のなかに、私生活の乱れやストレス、思春期のホルモンバランスが関係すると言われています。脂分の多いものばかりを摂取していると、整った肌を作るのに必要な栄養がバランスを崩します。

肌のためにも、バランスの良い食生活が重要になります。肌荒れを起こさないように、日々の私生活から意識をすることが大切となってきます。

 

乾燥肌になったときには、刺激を与えないよう肌を休めることが肌にとっての一番の治療法です。肌に水分が行き届かないために肌が乾燥するので、水分を逃がさないようにパックなどをするのもいいでしょう。

 

日々、肌の状態変化を見逃さないためにも、自分の肌に合ったスキンケアをすることが大切です。また、継続してスキンケアを行えば美肌に近づいていくのです。

肌荒れの理由と対策

Posted 4月 30th, 2013 by pagu2buhi2

一般的に、肌荒れとは洗顔時にゴシゴシと肌を力強く擦ったり、化粧水を強くパッティングしたりするなど、肌へ負担をかけるような間違ったスキンケアが原因とされています。

 

長時間洗顔をしていると、その洗浄成分で必要以上に皮脂を落としてしまいます。また、熱いお湯で洗い流すと、必要な肌の水分まで蒸発させてしまいます。ポイントは、たっぷり泡立てた洗顔料で手早く優しく洗うことと、32℃位のぬるま湯で洗い流すことです。

たっぷりの泡は、肌に馴染ませるだけで汚れを浮き上がらせてくれます。それだけでなく、よく泡立てた泡は泡切れもいい為、短時間で洗い流すことができます。

そして、洗顔後は出来るだけ早く化粧水をつけなければなりません。これは洗顔後の時間が経過すればするほど、化粧水の肌への浸透率が低くなってしまう為です。

 

化粧水が十分肌に馴染んだ後は乳液をつけます。乳液はベタつくなどの理由から、使用しないという方もいますが、肌へ入った化粧水が蒸発しないように蓋をするという働きがあります。

ところが、いくら正しいスキンケアをしていても、自分に合った基礎化粧品を使わないと肌荒れを起こしてしまいます。例えば、乾燥肌の方がオイリー肌用の基礎化粧品を使用しても、必要な皮脂を落としてしまい、結果的に乾燥がひどくなる場合があります。

 

なお、肌荒れは乾燥だけではなく、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足やアレルギーの他、便秘や内臓系の病気でも起こります。きちんとした原因を究明した上で対策しなければ、肌荒れを悪化させてしまうこともあるのです。

肌荒れを防ぐには

Posted 4月 30th, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れとは、ニキビや乾燥肌などの肌トラブル全般をさします。

 

肌荒れの原因として、ほこりや空気の乾燥などの外的要因もありますが、一番の原因として生活習慣があげられます。慢性的な睡眠不足や便秘、不規則な食生活や喫煙習慣などに起因しています。肌は人が睡眠している間につくられます。眠りに就く前に、メイクや汗など、一日の汚れを落としたうえで質の良い睡眠をとる事が重要です。

 

次に食生活です。脂質の多いものばかりではニキビの原因になります。とはいえ、野菜ばかりでも偏ってしまいます。肌の状態を整えるビタミン・ミネラルをバランスよく摂るようにします。ビタミンC含有量が多い食物として、レモンやアセロラ、ゴーヤや水菜などのフルーツ・野菜類が有名ですが、意外にもナスのからし漬けやハム・ベーコンにも含まれています。毎日の食事に上手に取り入れ、無理のない肌ケアを心掛けます。

 

しかし、せっかく食事で摂取したビタミンCは、喫煙により破壊されると言われています。一本吸うごとに約25ミリグラムのビタミンCが消失します。ビタミン不足は肌荒れを引き起こすだけではなく、シミやソバカスの原因にもなるのです。もうひとつ、肌荒れの大きな要因として便秘があります。便秘は、腸内に便が溜まることにより、悪玉菌が増加し、人体にとって有害な物質が発生します。有害な物質は血液に溶け込み、全身をめぐり肌荒れ・ニキビ・吹き出物の原因となります。人の肌は毎日外気に晒されています。

 

生活習慣を見直し、肌ケアを心掛けたいものです。

肌荒れする原因

Posted 4月 30th, 2013 by pagu2buhi2

肌荒れを起こした皮膚は、外部からの刺激を受けやすくなり、かゆみや炎症、吹き出物、ニキビなどの様々な皮膚トラブルを起こします。

 

肌荒れとは、これら皮膚トラブル全般の呼び名です。健康な肌は、皮膚表面を優れたベールが覆っています。それが皮脂膜です。皮脂膜は汗や皮脂で作られており、水分の蒸発を防いでくれます。また、角質層が皮脂膜同様に皮膚表面を覆っています。

この角質層には、外部からの異物の侵入を防ぐ働きがあります。そのため、皮脂と角質層がバリア機能を発揮することで、みずみずしい潤いと弾力のある健康な肌が保たれるのです。しかし、バリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けて肌荒れを起こし、潤いや弾力が失われるのです。

 

原因としては、アミノ酸やビタミン不足があります。アミノ酸が減少すると、肌のうるおい成分が不足し、弾力が失われます。また、ビタミンCはコラーゲンの産生を促し、ビタミンB群には皮膚の再生を助ける働きがあるため、摂取することが重要です。

他にも、肌荒れを起こす原因になるものは沢山あります。生活習慣や年齢、病気などがあげられ、これらが重なり、起こることも多いと言われています。例えば、タバコは血流を悪くし、紫外線はアミノ酸やヒアルロン酸を減少させビタミンCを壊します。季節を問わず肌の乾燥に注意し、保湿をしっかり行うことが必要です。

 

なお、アミノ酸やビタミンはこまめに補給し、生活習慣を改善するなどして、肌荒れしないように心掛ける姿勢が大切です。



N-WC-1